カテゴリ:重量木骨の家(構造)( 6 )

家づくりで重要なこと

 家、三匹の子ぶたが間違っていたこと
という本をよんで思ったこと感じたことを書いてみようと思います

家づくりで重要なことってなんでしょうか?
いろいろありますよね~まず耐震性等の強度、住みよい間取り、美しい外観、デザインや使い勝手のいい設備、断熱性能等、数え上げたらきりがありませんが、最も重要なものはこの地震国日本ではやはり強度ではないでしょうか?
この最も重要な強度は誰がどのように保障してくれるのでしょうか?
実は日本の二階建て木造住宅で強度が保障されている家はまだまだ少ないようです(一部地震建て替え保障がある住宅メーカーもありますが)大地震で家が倒壊した場合、国は助けてはくれません!!自然災害からの再建は自己責任なんです!!
我が家はどうなのか・・・重量木骨の家プレミアムパートナーである日伸建設がSE構法で建てた我が家は構造計算されその強度が保障されているんです!!
構造計算とはどんなものか?  許容応力度計算、許容応力度等計算がされている(ここでは細かい説明は省きますが)ようするに地震や台風で家にかかる力を科学的に計算し、それに耐えうる構造の建物をつくるってことです、姉歯元建築士のおかげでメジャーになったこの言葉構造計算(イメージはあまりよくないですが) 非常に重要です
自分の家が科学的に計算され強度が保障されている家なのか、科学的根拠がない家なのか、この違いはかなり大きい!!
法律では木造住宅で二階建て以下・述べ床面積500平方メートル以下の家は構造計算が義務化されていないんです、一般的な平屋や二階建ては規定の壁量が守られていればいいというかなりアバウトな耐震基準になっているんです、しかも現在はこの壁量規定すら第三者がチェックする義務がないのが現状です、例えば大手ハウスメーカーで壁量規定を守って建てた家も構造計算してみると強度不足だったなんてこともあるかもしれません!!(なかには壁量規定を守らないメーカー・工務店もあるかも?)仮にすべての建物に構造計算義務があったとしたら、これはまさに耐震偽装事件ってことになるのではないでしょうか?
大手ハウスメーカーの耐震技術や免震技術も一棟一棟構造計算されていれば我々ユーザーにさらに安心感を与えられるんじゃないかな~
なんて小難しいことをがらにもなく書いてきましたが、ようするに日本のアバウトな建築基準法のもとでも、いい仕事をしている人達がいて、そんな人達を選べるように我々もがんばって勉強しようよってことっす!!
偉そうなこと言ってますが自分はたまたま日伸建設にめぐり合えただけなんですが^^
(興味のある方はリンクの日伸建設のホームページを覘いてみてください)

フレンチだのプロバンスだの照明・雑貨etcと言っていられるのもこの重要な強度が構造計算によって証明されているからこそ言っていられることなんだな~としみじみ感じました

ランキング参加中です 
いつも有難うございます 応援クリック ポチッとな
にほんブログ村 インテリアブログへ

こっちもお願いしまっす^^
人気ブログランキングへ


 
[PR]
by yu2masayu | 2007-12-23 17:36 | 重量木骨の家(構造)

立面図

d0133240_18544035.jpg

東西南北の各面ともじっくり考えてきめました
間取り(平面図)を変えると外観(立面図)も変わってくるのでなかなか難しい作業でした
総二階のほうがコストも掛からずスペースも有効に使えますが、うちは一階より二階を小さくすることで安定感がでて見栄えもよくなったと思います
窓の位置や大きさも何度か変更しました 一部内格子を無くしたり大きさや種類を変えてコストダウンしました
[PR]
by yu2masayu | 2007-10-25 20:47 | 重量木骨の家(構造)

平面図

d0133240_21313237.jpg

一階平面図
日伸建設なら本当の注文住宅が建てられるので、間取りから窓の位置 外観等あらゆる事を 営業のKさんと相談しながらきめていきました(SE構法は自由度が高いのでほぼやりたい放題?)Kさんとは何度も打ち合わせしました、実はうちの2人の娘とKさんの2人の娘さん 2人とも名前が同じなんです!!価値観を共有できたこともあり、打ち合わせは毎回楽しみでした(次女がKさんってお父さんの友達なの?って言ってましたから)
今思うとこの頃が一番楽しかったかも
かなり変更したので何度も図面を書き換えてもらいました(10数回) 設計のNさんありがとねーおかげで納得いく家ができました
d0133240_2132295.jpg

二階平面図
当初 収納が少なかったので小屋裏収納を設けました
[PR]
by yu2masayu | 2007-10-24 22:25 | 重量木骨の家(構造)

アーチのたれ壁

うちにはこのアーチの部分 内外合わせて大小10箇所あります
それぞれ違う大きさのアーチ部分を棟梁がフリーハンドで造作しました
良い仕事してますねー
d0133240_22442712.jpg

d0133240_236434.jpg
内部のアーチ部分(特に玄関部分)は圧迫感のないように高い位置にしましたが
もう少し低くてもよかったかも?
高すぎて普段 存在感がまったくないんです
[PR]
by yu2masayu | 2007-10-12 23:10 | 重量木骨の家(構造)

SE構法

d0133240_20443641.jpg

3日間でここまで組み上げてしまう大工さんすごいですねー
右隅にチラッと我が愛車が写っております
d0133240_20452227.jpg

この写真は構造材がよく見えると思います
特に梁の太さは必見!!
梁や柱の結合部は専用の金物が使用されています。
[PR]
by yu2masayu | 2007-10-05 21:17 | 重量木骨の家(構造)

上棟

d0133240_20103496.jpg

上棟式前日の写真です
うちの上棟は7ヶ月前だったのですが懐かしいですねー
あの時のわくわくするような気持ちを思い出します。
うちはSE構法で建てられています、この構法だと壁を少なくしたオープンな間取りも可能なんです、しかも構造計算され強度も保障されています。(興味がある方はリンク集の日伸建設のHPをのぞいてみて下さい)
d0133240_20111173.jpg

この写真は上棟式当日です。
[PR]
by yu2masayu | 2007-10-05 20:13 | 重量木骨の家(構造)